Android入門攻略

  • 2011-05-12 17:18
  • コメント()

私の思ったAndroid入門する学習の策略は以下のいくつ(か)の方面に分けることができて、広大なのが入門して開発して中から自分の習いたいものを習うことができることを望みます。

初級段階の学ぶ内容

◆第1歩は、自分で環境を配置します。

すべて採取して新しいバージョンとして用います SDK,ADT,ECLIPSE,JDK

◆第2歩は、教育の例示に編纂するか運行します。

2.1のこの時間主要な運行の例示はHELLO WORLDのようです、SDKの持つ例がまだあります。

2.2本がある話はもし手紙を届けると帯の例に運行することができるならば、たとえば《SDKが大全書を開発する》、SDK帯がまだあるAPIDemo。これらの例の目的に運行するのは開発者が多くのAndroidの実現することができる多くの効果を見ることができることにあります。

◆第3歩は、実戦の改正する段階に入ります。

3.1はソースコードをつけてプログラムを改正して自分の必要とした効果を待ちます。多くの例に運行した後で、自分がプログラムを書き直すことを考慮することを始めて、書き直したのは過程で多くのコンポーネントの使用法を学んで研究します。

主に学ぶものは次の通りです:

Activity

Intent

コンポーネントの使用方法、およびコンポーネントの属性の方面

TextView

EditText

ListView

ImageView/ImageButton

ImageSwitcher

Gallery

GridView

ScrollView

ProgressBar

SeekBar

RadioGroup,RadioButton

CheckBox

Spinner

DatePicker,TimePicker

資源のファイルの方面

AndroidManifest.xml

String(文字列)の資源を使います

String数チームを使います

色を使います

サイズを使います

簡単なDrawable資源を使います

画像を使います

アニメーションを使います

メニューを使います

XMLファイルを使います

配置を使います(layout)

スタイルを使います(style)

テーマを使います(theme)

原始のファイルを使います

資源は引用します

これらのものを学ぶ時気づいて、モニター事件、クリックして、長く打ちます。

menu,dialog,この時は主に使うので、その後学んで彼らを改正して、更に美しい効果を達成します。

3.2 コードのデバッグは過程で学ばなければなりません

Android Virtual Devices(AVD)

模擬器(Emulator)の使用

Android Debug Bridge(ADB)の使用

Dalvik Debug Monitor Service(DDMS)の使用

3.3はもっと多いものを学ぶことを始めます

Service

Broadcast Receiver

Content Provider

◆第4歩は、基本的なものを学んだ後に、いくつかANDROID をしますプラットフォームの関連の学習

たとえば、電話、ショートメッセージ、電池の電気量、スクリーン、音、震動して、重力の感応、WIFIなど、必要に応じて学ぶようにしましょう。

◆第5歩、いくつかは需要の使うものの学習を使用します

ネットは関連していて、データベースの方面、位置サービス、openGLなど

◆第6歩、万事はDOCを聞いて、SDKの提供するDOCファイルを調べます。

◆第7歩は、へりの問題を掃除して、たとえばAndroidの住宅展示会の情況、ソフトウェア店の情況。

◆第8歩は、システムソフトのコードをおりて、人を見るのはどのように書いたのです。

 

コメント

      コメントします

      ユーザー名:

      確認コード クリック