microsoftはスマートフォン市場にバイクで、motorDroid大人気

  • 2011-05-13 17:44
  • コメント()

 

1月16日のニュース、国外のメディアの報道によると、スマートフォンの市場で、microsoftはある体勢を立て直しますけれども、甚だしきに至っては競争力の機会を再び手に入れるので、しかしmicrosoftはすでに競争相手Appleに、Blackberryなどは後で振って、スマートフォンの市場の競争者を少し見て、人々はmicrosoftのOSがスマートフォンの市場占有率の順位の中で最後の1位に位置すると思っています。甚だしきに至ってはある人はまたもしmicrosoftが知能携帯市場に入るならばに思って、それではmicrosoftの情況は恐らく更に良いです。
 
これらの論調は恐らくmicrosoftのOSの720万スマートフォンのユーザーを使って大いに驚くことを譲ります。あれらはiPhoneがmicrosoftに脅しを競争する法人ユーザーを持ってくることはでき(ありえ)ないと思うことにとって、この論調は特に人をびっくりさせます(Appleにずっと企業のユーザーの需要を見落として個人のユーザーの需要の歴史の伝統を重視することがある)。
 
このような情況に対応して、いくつかはもとが忠実にmicrosoftのBloggerのユーザーで、最後にmicrosoftのOSのスマートフォンをも選んでいないで、Droidを選んだのです。
 
 
Droid携帯電話は多くのブログの作者の必要とする機能を持って、メールを含んで、インターネット、ニュース、Bloggerのニュース、天気の情報など。同時にAndroid市場の上から更に数千種類の運用のソフトウェアをダウンロードすることができて、これらのソフトウェアは大部分無料です。全世界の有名な技術のスポークスマンのMark Minasi(Mark Minasi)は25冊のIT専門書の作者を上回るので、彼は去年の一回のWindowsが大会を研究討論する上に1部のiPhoneの携帯電話を高く挙げ始めて、そしてこの携帯電話に対してはばかりなく過分のお言葉を言い出します。
 
Mark MinasiあれはこれはWindowsITProウェブサイトでからかって、Windowスマートフォンが彼の処理する事務を助けることに頼み込んで、この彼に対してすでに飽きました。彼の大部分の友達はすべてBlackberryの携帯電話或いはiPhoneを使って、自分で逆な潮流は選択Droidに動いて少なくともまた少し反逆者を現します

コメント

      コメントします

      ユーザー名:

      確認コード クリック